スキンケア

洗顔後の乳液の効果

美容液を使用した時点で、洗顔後のケアは終了とする人が多いようですが、その後にもうひとつ、乳液を塗っておけばよりスキンケアが充実します。
というのも、乳液にはカバーのような役割があるからです。

美容液まででストップすると、風の強い日や湿気の少ない日にはどうしても乾燥しやすいのです。
しかし、乳液を使用すると、そこに含まれる油分がしっかりブロックしてくれます。
実際には、細胞間脂質のセラミドと協力して、保水効果を保持してくれるという構造になっています。

とはいえ、最近の美容液はそういった効果も有している物も増えてきており、その為に乳液の出番が減ってきているという現実もあります。
そういった事情もあり、近年の乳液はスキンケアの役割に応じ、細分化している印象が強いですね。
その為、種類がかなり豊富になってきています。

また、油分量によって種類を細かく分け、使い勝手の良いものを選びやすくしている傾向もあります。
乳液を選ぶ際は、まず必要かどうか、次にどんなタイプの物が良いかを選ぶ必要があります。

乳液は、必ず美容液の後につけるようにしましょう。
美容液の前に乳液をつけると、乳液が美容液を弾いてしまい、効果が出なくなるからです。
油分が強い物は、水分を弾く傾向にあります。
クリーム状の乳液は、最後に塗るようにしましょう。

顔に塗る際は、顔の中央から外側へと、ゆっくりなじませるように広げていきます。
粘着性が比較的強いので、塗るのは簡単でしょう。