スキンケア

UV対策は夏場だけではダメ

スキンケアをする上で、夏場の日差しは大敵ですね。
日焼け目的で海へ行くにしても、しっかり程度をわきまえないとお肌が傷んでしまいます。
こんがり焼くにしても、白さをキープしたいにしても、紫外線(UV)対策はちゃんとしておかなくてはいけません。

UV対策としては、まず前提として「過度に太陽の光を浴びない事」です。
日光浴程度であれば、問題はありません。
むしろ健康にいいと言えます。
ですが、夏場の紫外線を長時間浴び続ければ、シミやたるみの原因になりますし、乾燥肌になりやすい体質になってしまいます。
それを回避する為には、日焼け止めをしっかり塗っておく必要があるでしょう。

日焼け止めはUV対策における基本的なアイテムではありますが、同時に夏場にのみ大きく需要を伸ばす商品でもあります。
では、UV対策は夏場だけしておけば良いのでしょうか?
実は、紫外線は1年中肌をむしばんでいます。

もちろん、程度で言えば夏場がピークですが、夏以外、特に春から夏にかけての時期も結構強かったりします。
その為、夏だけ対策をしていればいいというものでもありません。
長時間外に出る場合は、春先であっても、あるいは秋頃でも、紫外線対策はしっかりしておくべきなのです。

紫外線は、一度に過剰な量を浴びるのが一番よくないですが、短期間で継続して浴び続ける事も、結構大きなダメージとして蓄積されます。
その時は目立たなくても、数年経ってお肌にシミができて、さて何が原因かと考えた時、紫外線対策をしていなかったから、と後悔する事になりかねません。
スキンケアを徹底したいならば、可能な限り日頃から対策をしておきましょう。