スキンケア

まずは身体に潤いを

お肌をキレイに保つスキンケアは、付け焼刃のケアではダメです。
いかに継続するか、そしていかに土台をしっかりするかという事がとても大切なのです。
土台とは、すなわち身体全体ですね。
身体のどこかに問題点があれば、身体の最も表面であるお肌にも少なからず影響が出ます。
そうなれば、様々な化粧品を使って隠しても、どこかでボロが出てしまいます。
一番のスキンケアは、身体を常に健康に保つ事が重要なのです。

また、重要なのは水分の確保です。
スキンケアにおける最重要項目は、お肌の潤いですね。
多くの化粧品が、それを補佐するためのものです。
外見もそうですが、お肌に水分が行き届くことで、紫外線を初めとしたお肌の大敵をガードしてくれます。
潤いはバリアにもなるのです。

では、お肌に潤いを与える一番の方法とは、どのような事でしょう。
それは当然、適量の水分摂取です。
理想的なのはミネラルウォーターですね。
不純物のない、身体に良いミネラルを多数含んだミネラルウォーターを毎日しっかり摂取すれば、お肌にも好影響を及ぼします。

目安は、1日に2リットルです。
夏場は喉が渇くので、食事時も含めればこれくらいはそれほど苦にならないでしょう。
しかし、それ以外の季節、特に冬は大変かもしれません。
2リットルというと、ちょうどペットボトル(大)の1本分ですから。
それでも、意識して飲み続ける事でお肌を若く保つ一助となるので、できれば飲み続けたいところです。