スキンケア

化粧品にも使用期限がある

数多くあるスキンケア商品を選ぶにあたり、まずあまりチェックを入れる人が多くない注意点をひとつ指摘しておきます。
それは、使用期限です。
スキンケア商品には、食べ物や薬と同じで、使用期限があります。

しかし、実はこの使用期限には記載の義務がありません。
厳密にいうと、薬事法において「未開封かつ適度な環境での保管において、3年以上の品質の変化がないと思われる医薬品においては、使用期限表示の義務はない」となっています。
化粧品はこの法律に基づき、使用期限を表記、あるいは設定していない事がほとんどなのです。

逆に言えば、封を切っていない化粧品は3年は持つけど、それ以上は何の保証もないという事になります。
また、もし日のあたる場所などに放置していた場合には、3年間という期間も保障外となります。
保存環境次第という点もありますが、あまり明確な使用期限が設定されていないというのが実状です。

基本的には、封を開けていない化粧品は3年、開けた化粧品は1年で使い切るべきです。
普通に使っていれば、大体は1年以内ですべて使い切ることができます。
ただ、途中で他の商品に切り替えた、あるいは化粧しないでもいい環境にしばらくあった、という状況も十分ありえます。
そういう場合、もし製造から封を切って1年、切っていなくても3年が経過していたら、破棄したほうが良いでしょう。

たとえば日焼け止めなど、使用期限が切れると酸化してしまい、塗る事で逆効果になってしまう事も考えられます。
深刻に考える必要はありませんが、使うメリットがない以上、あえて使う事はしない方がいいでしょう。