スキンケア

シミの原因と種類を知ろう

シミは、20代までの頃にはほとんど発生しない人が多く、発生しても気にならない程度の物が多いので、若い人にとっては大敵というほどの存在ではありませんね。
しかし、30代になり、いわゆる「お肌の曲がり角」と呼ばれる年齢に差し掛かってくると、急にシミが濃くなってきます。
そうなると、もう気になって仕方なくなってしまいます。
シミがスキンケアの大敵となるのは、30歳を過ぎてからなのです。

このシミ、どういった仕組みでできるものなのでしょう。
いわゆるメラニン色素が原因という事は、多くの人が知っての通りです。
そのメラニン色素は、日焼けによって作られます。
つまり、過度な日焼けがシミの原因となることが多いのです。
シミの中で一番多いのは、加齢による老人性色素班と呼ばれるものですが、この原因の多くは日焼けによって過剰に紫外線を浴びてしまった事が原因となります。
当然、スキンケアグッズのひとつ、日焼け止めが大きな味方となってくれるでしょう。

日焼け以外のシミとしては、遺伝的なものが多いそばかす、ホルモンバランスの崩壊によってできる肝班、ニキビやアトピーの炎症をかきむしって、その後がシミになる炎症性色素沈着などがあります。
それぞれの主な原因が異なるので、スキンケアではこれら全てに気をつける必要があるのです。
たとえば、ちょっとした吹き出物でも、それをかきむしったり、無理にほじくったりすると、そこからシミが生まれます。
無理やり取り除こうとせず、薬などを使って抑えるようにしましょう。