スキンケア

クマ対策は血流がカギ

目の下にできるクマは、人の外見や人相を大きく変えるものです。
その多くは体調によってできるものなのですが、中には慢性的にクマがある人もいます。
クマはどうしてできるものかご存知でしょうか。
原因は血流の悪化です。

目の周囲は皮膚が非常に薄く、他の顔の部分と比較しても3分の1くらいの薄さです。
その為、目の周囲の血流が悪化して滞ると、その血液が皮膚から透けて見えるのです。
これがクマなのです。

目の周囲の血液が滞る原因としては、睡眠不足が一番有名ですね。
しかしそれ以外にも、疲労、ストレスなど、様々な原因があります。
気になるクマの改善方法は、目の周囲を定期的にマッサージして、ツボを押す事が挙げられます。
タバコによって毛細血管が収縮してしまう事もあるので、禁煙も有効です。

また、クマはむくみやたるみが原因で発生するものもあります。
寝不足などでできるクマは、やや青みがかっているので「青クマ」と呼ばれますが、こちらは「黒クマ」と呼ばれています。
老化による皮膚のたるみやむくみが原因で、目玉の重さに耐えられなくなり、目の下部が前に出てしまい、そこに影ができる事から黒く見えるのです。

黒クマの対策は、スキンケアの範疇です。
コラーゲン等を摂取し、顔のスキンケアに励む事でむくみやたるみを防げば、黒クマの発生も防げます。

また、青クマ同様マッサージも有効です。
重要なのは、疲れ目の時だけ行うのではなく、定期的にツボを押すという事です。