スキンケア

スキンケアの大敵、ニキビ

10代から20代にかけて、人間の皮膚には少なからず吹き出物ができます。
特に、その吹き出物の中でもニキビは必ずと言って良いほどどこかにできてしまいます。
これは、スキンケアが徹底していないからというわけではなく、仕方のない物です。
とはいうものの、気になって仕方がないのも事実ですね。
特に、10代の頃はこのニキビが嫌で嫌で仕方がなかったという人も多いでしょう。

10代の頃にできたニキビは、高確率で自然になくなります。
問題は、そのニキビを無理に潰してしまった場合です。
そうすると、その部分が痕になってしまい、ずっと残ってしまいます。
しかし、実際にはわかっていても潰してしまう人が多いようです。

それに対し、20代になってできたニキビは別の意味で厄介です。
10代のニキビは余分な皮質によってできるものですが、20代の場合はストレス、睡眠不足、食生活の乱れなど、いわゆる現代病とも言えるものが原因で、毛穴がふさがり、角質が厚くなった状態になって初めて発生します。
20代になると余分な皮脂が分泌される事がなくなる一方、こういった様々な原因が絡んでくるので、10代の頃のニキビより対策が難しいのです。

ニキビは白いままなら皮脂だけが原因なのでまだ良いのですが、その皮脂が酸化して毛穴の表面が黒くなる黒ニキビ、そして炎症が発生した赤ニキビになると危険です。
赤ニキビに発展する前に、適切なスキンケアでニキビを治療する必要があるのです。