スキンケア

ニキビ対策は入念に

ニキビは顔の様々な場所に発生します。
そして、それぞれの箇所特有の原因があるのです。

たとえば、額や生え際にできたニキビは、シャンプーやリンスをすすぎ切れずに残していると、できやすいと言われています。
皮脂が過剰摂取しやすくテカりやすいTゾーンは特にニキビができやすく、脂肪の多い食べ物を過剰に摂取しているとさらにできやすくなります。
頬にできる場合は、タマゴや動物性食品の過剰摂取が原因と言われています。
一方、顎にできる人は魚を食べ過ぎている事が原因です。
口の周りにニキビができやすい人は、胃腸が悪い状態の人と言われています。

こういった原因がわかっていれば、対策も立てやすくなります。
たとえば、生え際にニキビができた場合、頭の洗い方を見直す事で予防ができます。
口の周りのできた人は、一度病院へ行って胃カメラを飲めば、何か悪い病気が見つかるかもしれません。
対策を講じるには、まず原因を知ることが重要です。

また、20歳以上のニキビ全般の原因であるストレス、食生活、睡眠といったものを改善していくことも重要です。
適度に運動し、適度にストレスを発散して、バランスの良い食生活を心がければ、かなり予防できます。
加えて、スキンケアのやり方も考える必要があります。
クレンジングで油分の多い物を使用している場合は、少ないタイプの物に切り替えてみる事をオススメします。
スキンケア商品がスキンケアに害を及ぼす事もあり得るのです。