スキンケア

洗顔後の化粧水の効果

化粧をする為の土台作りと言える洗顔ですが、化粧には洗顔後の皮膚を守る役割もあります。
というのも、洗顔した後の顔の皮膚は、皮脂等をキレイに洗い流した事で、保湿成分も少なくなっているために乾燥しやすいのです。
角質内の水分が蒸発すると、肌はカサカサになり、傷む原因となります。
それをフォローする為に、化粧によって肌を潤わせるのですね。

洗顔後に最初に使用する物としては、化粧水が一番一般的でしょうか。
化粧水を顔になじませることで、水分を失った顔のお肌に潤いが戻ります。
特に、ビタミンC誘導体を含んでいる化粧水が効果的と言われています。

化粧水をつける際、多くの人はコットンを使用するかと思います。
その際に注意すべき点は、刺激を強くしない事です。
少しでも水分を肌にしみこませようと強く押し付けたりする人もいるようですが、それは逆効果です。
できれば、コットンを使わずに手でなじませるのが理想です。
化粧水はあまり余分につけても効果はないので、適量をしっかりなじませるようにしましょう。

また、脂性の人は、コットンを使ったほうが良いとされています。
乾燥肌の人は、化粧水の後にクリームや美容液を使って保湿効果を高めましょう。
化粧水だけだと、より乾燥がひどくなる事があります。
スキンケアをしっかり行うという意味でも、複合して使用するのが望ましいですね。

化粧水を使う場合、夏場などはひんやりしたい為に冷やして使う人がいるようです。
また、その方が毛穴が引き締まると考えて冷やす人もいるようですが、これは肌の表面温度を下げ、血管を広げてしまい、脂性の元になるので、スキンケアの事を考えると控えた方が無難です。

アグレーラお試し